Event is FINISHED

Global Digicon Salon 004 Memories of Steve Jobs ② Bill Fernandez

Description
Global Digicon Salon 004
Memories of Steve Jobs ② Bill Fernandez

2020.10.4 (Sun) 10:00-12:00 (Japan Time)/2020.10.3 (Sat) 18:00-20:00 (LA Time)

第4回めとなる 「グローバル・デジコンサロン 004」は、日本時間で2020年10月4日(日)10:00〜12:00、米国西海岸時間で2020年10月3日(土)18:00〜20:00、グローバルなスケールで開催します。テーマは、「Memories of Steve Jobs ② Bill Fernandez」です。2011年10月5日に亡くなってからまもなく10回忌を迎えるスティーブ・ジョブズを偲んで、ジョブズの青年期をよく知る貴重な証言者のひとりであるビル・フェルナンデスさんにインタビューをするとともに、パネルディスカッションをします。フェルナンデスさんは、クパチーノ中学校でジョブズと友人になり、一緒にホームステッド高校に進学。ジョブズに幼馴染のウォズニアックを紹介しました。そして、アップルコンピュータ社の1番目の正社員として採用され、Apple I、Apple II、Macintoshの開発、およびMacOS、QuickTime、HyperCardのUI開発に貢献しています。ジョブズは、決して完璧な人間ではありませんでした。しかし、誰よりも強烈な情熱と確固たる意志をもって、まわりの優秀な人々をまきこみ、ついには「世界を変えた男」(NHKスペシャルのタイトル)になっていったのでした。その軌跡を振り返りながら、なぜジョブズは世界を変えることができたのか、その理由を探っていきます。パネルディスカッションは、ビル・フェルナンデスさんと、前回「グローバル・デジコンサロン 003 Memories of Steve Jobs ① Daniel Kottke」でインタビューさせていただいたダニエル・コトケさん、テクノロジージャーナリストの林信行さん、テクノロジーライターの大谷和利さんの4人で行います。
「Global Digicon Salon」は、文字通りグローバルな展開を目指しています。インタビューおよびパネルディスカッションは、すべてリアルタイム自動翻訳アプリUDトークを使って、スマートフォン上の日英・英日のリアルタイム自動翻訳付きで行われます。
参加申し込みは、右の「チケットを申し込む」をクリックして行ってください。参加費は無料です。Zoomセミナー参加者の募集人数は100人です(ご注意:当日、先着順となっています)。チケット自体は100人以上発行いたします。もし、参加募集人数を超えて参加できなかった場合は、YouTube Liveでも配信しますので、そちらをご覧ください。また、参加申込みをいただいた方には、後日、録画URLをお知らせします。当日、どうしても都合がつかないという方でも、ぜひ見たいという方は、この機会にお申込みください。

なお、「ジョブズとアップル」の真実についてじっくりと学ぶことのできる「ジョブズ&アップル研究会 第2期(2020年9月期)」「ジョブズ&アップル研究会 第3期(2020年10月期)」セミナーを9月26日(土)、10月10日(土)、10月17日(土)、10月24日(土)に開催します。こちらは、有償(5,000円/全3回 、2,000円/回)となりますが、この機会に「ジョブズとアップル」についてじっくり学び、自分の仕事や人生に生かしたいという方は、併せてご参加ください。こちらの参加申し込みは、以下のサイトから行ってください。
■ジョブズ&アップル研究会 9.26(土)第2期③〜ジョブズの志を継ぐとは、未来社会を創造することである〜開催
https://jobs-apple-college-2009-3.peatix.com/


The 4th "Global Digicon Salon 004" will be held on Sunday, October 4, 2020 10:00-12:00 in Japan Time, and Saturday, October 3, 2020 18:00-20:00, LA Time. It will be held on a global scale. The theme will be "Memories of Steve Jobs ② Bill Fernandez)". In memory of Steve Jobs, who died in 9 years ago, we will interview Bill Fernandez, one of the valuable witnesses who are familiar with Jobs' adolescence. And also we will have a panel discussion.
He became friends with Jobs at Cupertino Junior High School and entered Homestead High School together. He introduced Wozniak to Jobs. He was hired as Apple Computer's first full-time employee and contributed to the development of the Apple I, Apple II and Macintosh.
The panel discussion will be held by Bill Fernandez, Daniel Kotoke, technology journalist Nobuyuki Hayashi, and technology writer Kazutoshi Otani.
The "Global Digicon Salon" is literally aiming for global expansion. All interviews and panel discussions will be conducted using UD Talk, a real-time automatic translation app. You can experience English to Japanes, Japanese to English real-time automatic translation on your smartphone.
To apply, click "チケットを申し込む(Apply for Ticket)" on the right. Participation fee is free.
The number of participants for the Zoom seminar is 100 (please note: first-come-first-served basis on the day). Tickets will be issued by more than 100 people, so if you can not participate in more than the recruitment number of people, we will deliver it on YouTube Live, so please see that.

Date :
2020年10月4日(日)10:00~12:00(日本時間)
2020.10.3 (Sat) 18:00~20:00(LA Time)

Speech Theme :
Memories of Steve Jobs ② Bill Fernandez(スティーブ・ジョブズの思い出② ビル・フェルナンデス)
Speech Guest :
Bill Fernandez(User Experience Architect and Inventor)
Daniel Kottke(General partner at Cobb Mtn Partners LLC)

林信行 Nobuyuki Hayashi(フリーランス ITジャーナリスト兼コンサルタント)
大谷和利 Kazutoshi Otani(テクノロジーライター)
Number of applicants:100(Will be closed as soon as it becomes capacity at the day, you can also watch on YouTube Live)
Participation fee : Free
Host : Global Digicon Salon

Speech Guest

Bill Fernandez(ビル・フェルナンデス)
User Experience Architect and Inventor、スティーブ・ジョブズの青年期を知る貴重な証言者のひとり
1954年生まれ。5歳のときに主としてロッキードのエンジニアのために開発されたサニーベールの新しい住宅地に引っ越す。通りの向かいに4歳年上のスティーブ・ウォズニアックの家があった。1968年頃、エレクトロニクスに興味を持つようになる。1969年頃、クパチーノ中学校でスティーブ・ジョブズと友人になり、ジョブズは彼に刺激されてエレクトロニクスに興味を持つようになった。その後、2人は一緒にホームステッド高校に入学。ウォズニアックは、この高校をジョブズとフェルナンデスが入学する1年前に卒業している。1970年頃、彼はウォズニアックと電子工作を始める。 1971年、ウォズニアックと彼はフェルナンデス家のガレージでコンピューターを共同で製作。これは「クリームソーダ」コンピュータとして知られるようになった。1971年頃、彼はジョブズにウォズニアックを紹介する。2人は、1972年のホームステッド高校でのいたずらをはじめ徐々に色々なことを一緒にするようになった。1977年にジョブズ、ウォズニアック、マイクマーククラがApple Computer Inc.を設立すると、最初の社員として採用される。彼は、エンジニアリング・テクニシャンとして採用され、最初はジョブズ家のガレージで働いていた。 Apple I、Apple II、Macintoshの開発に携わり、MacOS、QuickTime、HyperCardのUI開発に貢献。1993年までAppleに在籍していた。彼は、ジョブズの青年期を知る貴重な証言者のひとりである。
User Experience Architect and Inventor
Born in 1954. At the age of five, his parents moved into a new neighborhood in Sunnyvale developed primarily for Lockheed engineers. Steve Wozniak, four years older, moved into a house across the street. In around 1968 he became interested in electronics. After meeting Steve Jobs at Cupertino Junior High School in around 1969, he got Jobs interested in electronics and they started doing electronic projects together. Later, they went to Homestead High School together. Steve Wozniak graduated from this school the year before Jobs and Fernandez entered it. Around 1970 he also started doing electronics projects with Steve Wozniak. In 1971 he and Wozniak built a computer together in the Fernandez family garage. This came to be known as the "Cream Soda” Computer. In around 1971, he introduced his two electronics buddies, Steve Wozniak and Steve Jobs, to each other. The gradually started doing things together, including a prank on the 1972 Homestead High School graduating class. In 1977, he was the first person hired after Jobs, Wozniak, and Mike Markkula incorporated Apple Computer Inc., he was hired as an Engineering Technician, and initially worked in the Jobs family garage. Over time, he has been involved in the development of the Apple I, Apple II and Macintosh, and contributed to the UI development of MacOS, QuickTime, and HyperCard. He stayed at Apple until 1993. He a valuable witness of Jobs' adolescence.


Daniel Kottke (ダニエル・コトケ)
General partner at Cobb Mtn Partners LLC、スティーブ・ジョブズの青年期を知る貴重な証言者のひとり
1954年生まれ。ニューヨーク郊外のペルハムで育つ。 オレゴン州ポートランドのリードカレッジでスティーブ・ジョブズと友人になり、悟りを求めて一緒にインドに旅行した。 1976年、ジョブズの自宅のガレージでアップルIの組み立てとテストを行う。1977年にコロンビア大学を卒業した後、彼はアップルで12番目の正社員となり、Apple II、Apple III、Macintoshの開発に従事した。当初、パートタイムの技術者としての採用だったため、ストックオプションの対象にならなかった。ジョブズはそのことについて議論することさえ断った。 1980年、ウォズニアックはコトケをはじめ同様にストックオプションの対象にならなかった他の何人かの従業員に同情し、彼の持分からストックオプションを買えるウォズプランを提供した。1982年後半、タイム誌の記者から「スティーブにリサという娘がいるか?」と聞かれ、当時、ジョブズがリサを認知していなかったことを知らずに、「そのとおりだ」と答えた。そのことに対してジョブズは激怒し、以来約25年間、彼と一切話をしようとしなかった。 彼は、ジョブズの青年期を知る貴重な証言者のひとりである。
General partner at Cobb Mtn Partners LLC
Born in 1954. Grew up in Pelham NY just outside NYC. Became a friend of Steve Jobs at Reed College in Portland OR and traveled to India together for enlightenment. Did Apple I assembly and test in Jobs' home garage in 1976. After graduating from Columbia College in 1977, he became Apple's 12th full-time employee. Engaged in the development of Apple II, Apple III, and Macintosh. Wasn’t eligible for a stock option early on due to being an hourly technician. Jobs inexplicably declined to ever even discuss the matter. Later in 1982 Jobs became furious when Kottke unwittingly confirmed to Time mag reporter that Steve had a daughter named Lisa; never spoke to Kottke again for some 25 years. in the mid-80’s Woz was kind enough to give modest gifts of stock to Kottke and half a dozen others who’d been similarly ineligible in the early days. He is one of the precious witnesses of what Jobs was like in his youth.


Nobuyuki Hayashi 林信行(はやし のぶゆき)
フリーランス ITジャーナリスト兼コンサルタント
1967年生まれ。中学生だった1980年頃からパソコンに興味を持ち最前線の取材を開始。高校生の時、キヤノン社のDyna Macの発表会にも招待された。その後、1990年、米テキサス州立ヒューストン大学留学中に『月刊MACPOWER』や『月刊ASCII』といった日本のパソコン誌で連載やニュース記事を受け持ち、テクノロジー企業の取材を本格的に開始。一方で米国『WIRED』をはじめ海外の媒体にも日本のテクノロジー文化を紹介した。インターネットインフラ技術やITビジネス、スマートフォン、タブレットと時代の変遷に応じ最新トレンドの取材を続けるが、2005年前後から、テクノロジーだけでは良い未来はつくれないと、良いデザインの取材や啓蒙を始め、企業のコンサルティング活動も開始する。またテクノロジーそのものの取材よりも、テクノロジーにいよって起きる社会変化に注目するように軸足をシフトした。これからAIやバイオテクノロジーで再び世の中の価値観が大きく変わろうとしている今、「22世紀に残すべき価値は何か」をテーマに、アートや伝統工芸などの領域に取材対象を広げている。著書に『スティーブ・ジョブズ—偉大なるクリエイティブディレクターの軌跡』(アスキー刊)、『iPhoneショック』『iPadショック』『スティーブ・ジョブズは何を遺したのか』(日経BP刊)など多数。ビル・フェルナンデス氏について詳しく触れたマイケル・モーリッツの著書『スティーブ・ジョブズの王国 』の監訳も行った。ジェームズ・ダイソン財団理事。株式会社リボルバー社外取締役、ifs未来研究所外部研究員、金沢美術工芸大学客員教授。


Kazutoshi Otani 大谷 和利(おおたに かずとし)
テクノロジーライター/神保町AssistOn取締役
デザイン、電子機器、自転車、写真に関する執筆のほか、商品企画のコンサルティングも行う。著書に『iPodをつくった男』『iPhoneをつくった会社』(共にアスキー新書)、『Macintosh名機図鑑』(同じくエイ出版社)、『iPhoneカメラライフ』(BNN新社)、『成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか』(講談社現代ビジネス)など。監修書に『ビジュアルシフト』(宣伝会議)がある。
Technology Writer / Jinbocho AssistOn Director
In addition to writing on design, electronic devices, bicycles, and photography, he also consults on product planning. Authors include "The Man Who Made the iPod", "The Company Who Made the iPhone" (ASCII New Books), "Macintosh Famous Machines Encyclopedia" (Ei Publisher), "iPhone Camera Life" (BNN New Company), "Successful Company" "Why do you value photographs?" (Kodansha Hyundai Business), etc. There is a "Visual Shift" (Advertising Conference) in the supervision book.

Moderator

Toshihiro Takagi 高木利弘(たかぎ としひろ)
元『MACLIFE』編集長。株式会社クリエイシオン代表取締役
1955年生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。1985年NTTキャプテンシステム情報誌『CaptainPedia』創刊。1986年、日本初のMacintosh専門誌『MACワールド日本版』創刊。1987年、『MACLIFE』 創刊。1999年、「人工知能を活用した知識の循環システム(Knowledge Circulation System with AI)」Kacis Writer/Kacis Publisher開発。「ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー2001」(SOFTIC)を受賞する。2017年、米国『WIRED』創刊編集長ケヴィン・ケリー著『<インターネット>の次に来るもの』(NHK出版)をベースにした12回連続の「ホロス2050未来会議」を開催。2018年、次世代教育プラットフォーム構築を目指す知の冒険カードゲームColleCard「IT25・50」を発売。2018年12月10日、インターネット商用化25周年、ダグラス・エンゲルバートThe DEMO 50周年を記念してアラン・ケイ基調講演「IT25・50」シンポジウムを開催する。主な著書は、『Mac OS X Serverパーフェクトガイド』『Kacisでサクサク文書作成』『The History of Jobs & Apple』『ジョブズ伝説』『スマートTVと動画ビジネス』など。
Former editor of "MACLIFE". CEO of Creation Inc.
Born in 1955. Graduated from the Department of Political Science, School of Political Science and Economics, Waseda University. 1985 Launched NTT Captain System Information Magazine "Captain Pedia". In 1986, Japan's first Macintosh specialized magazine "MAC World Japan Edition". In 1987, the first issue of "MACLIFE". In 1999, Developed "Knowledge Circulation System with AI" Kacis Writer/Kacis Publisher. Received "Software Product of the Year 2001" (SOFTIC). In 2017, held "Horos 2050 Future Conference". On December 10, 2018, held Alan Kay's keynote lecture "IT25.50". His main books include "Mac OS X Server Perfect Guide", "Document Creation with Kacis", "The History of Jobs & Apple", "Jobs Legend", "Smart TV and Video Business".
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#761739 2020-10-03 20:51:26
More updates
Sun Oct 4, 2020
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
Zoom参加券(無料) FULL
Organizer
「ホロス2050」グループ
2,308 Followers

[PR] Recommended information